<< 公募作家と打ち合わせ | main | 吉島公民館長と歩く吉島ツアー >>
  • 2007
    12
    11
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク
    - / - / - /

  • 2007
    01
    19
美術評論家・椹木野衣先生レクチャー
本日、広島市立大学にて、椹木野衣先生のレクチャーが開かれました。

この講義で話された内容は主に70年代に開催された大阪万博についてでした。
主に話されたないようは2つあり、
・戦前戦後を通して行われた大阪万博の意義
・「環境」というキーワード
でした。

とてもダイナミックな切れ味で講義されました。

丹下健三による建築を広島の平和記念資料館の建物に繋げて話されました。

柳幸典企画の「金庫室のゲルトシャイサー」は旧日本銀行広島支店が会場になっています。約60年前、広島に原爆が投下さ<れました。爆心地からわずか380m、多くの人間は一瞬で消滅したにも関わらず金庫室の貨幣などは無傷であったという堅牢な地下の金庫室に、ゲルトシャイサーは永久に潜み続けるのでしょうか。

miyama

  • 2007
    12
    11
スポンサーサイト
  • posted by スポンサードリンク
    - / - / - / 23:15

Comment